沖縄で良いリフォーム会社を選ぶ際にチェックしておきたいポイント

赤い椅子

リフォーム工事の効果は?

落ち着いた部屋

我が家では近年、沖縄の家をリフォームしました。コンクリートの鉄筋住宅で、斜面のある屋根が無いタイプです。リフォーム内容は、それ以前にやってきた外壁の表面塗装に加えて、屋根の設置工事もしました。
ガルバリウム鋼板の屋根を付ければ、屋根無しの状態よりも夏の日光による温度上昇が抑えられる、雨漏りの心配も無い、風雨をはじめ耐久性が高いという業者の売り文句に押されました。屋根を設置して、何シーズンか夏を経験しているのだが、果てして本当に夏は涼しくなっているのか疑問です。自室は2階だから、特に屋根の効果が大きく出るはずです。夏は自室にいる間ははクーラーをつけます。屋根を付ける前と付けた後、クーラーの設定温度は変わっていないし、電気使用料もさほど変わっていないです。つまり、クーラーの使用具合から考察すると、日射による温度上昇は、屋根の設置によってあまり抑制されていないと言えます。
また、屋根以外にも2重窓化をしました。この2重窓化も断熱性、機密性の向上を業者にアピールされて行ったわけですが、評価が難しいです。確かに前に比べて防音性は上がりました。しかし、上で述べたように、夏場のクーラーの稼動にはあまり影響していないです。
結局、これらの結果から推測すると、夏場における家と外気との熱のやり取りは屋根や窓も多少は影響するかもしれないですが、最も面積の大きい壁面コンクリートが支配的なのだろうと思われます。

カントリーな部屋

リフォームするならオール電化を検討しよう

ガスや石油の代わりに電気を使うことで、火のトラブルが起こらないオール電化。また経費も節約できるため、多くの人から人気を集めています。現在リフォームを考えている人は、オール電化を検討してみてはいかがでしょうか。・IHクッキングヒーターオール電化の代表格といえば、IHクッキングヒーターです。火を使わないにもかかわらず高い熱効率を誇り、コストパフォーマンスが高いです。もちろん、安全面は抜群です。・電気床暖房電気式床暖房もオール電化の代表として挙…

Copyright © 2016 沖縄で良いリフォーム会社を選ぶ際にチェックしておきたいポイント All Rights Reserved.